“学ぶことの意味” って何だろう?

「学びに関する問いかけ」について、Q&A形式にて作成してみました。考えや捉え方は人それぞれですが、みなさんの学びについての『価値観』や『きっかけ』にしてもらえたら嬉しいです!

 

☺ Q1 :なんで勉強しないといけないの?

 

 

A:学ぶことで(各教科の勉強以外も含めて)以下の意味があると思います。
『考えの”視野が広がる”』
『自分の力で生きていくための”知識やスキルを獲得”できる』
『人生のさまざまな局面で”選択肢が増える”』
たとえば、”スマホで関心事を検索し情報収集をする”だけでも学びにつながることは多くあります。「知らないことを知ってみる」ような感覚で、キミの武器を増やしてみて下さい。
【質問】 「やりたいこと」ってないとダメですか?
大人からよく聞く ”なげかけ” ですね。この話は、「今やりたいこと」という話なのか、「ちょっと先(卒業後くらい)」という話なのか、「さらに先の将来」という話なのか、区別して考えてみると整理しやすいでしょう。

「『今やってみたいこと』があれば、やってみたら良い」と思います。「『少し先の話』は、いろいろいやってみてから考えたら良い」と思います。「『将来の話』は、長期戦でいろいろやりながら考えたら良い」と思います。「”やりたいこと”も”やりたくないこと”も『やってみないとわからない』」ので、三日坊主でもいいので『”やってみてから考える”ことがおススメ』です。

とはいえ、「そもそも”何もやる気が起きない”、”やりたくてもどうしてもできない”」ということもありますよね。そんなときは、心のエネルギーの充電切れなので、リフレッシュ(自分なりのリフレッシュ方法をみつけておこう)して、エネルギーを蓄えてからで良いと思います。

 

☺ Q2 :学校は行かないといけないの?

 

 

A:「行く」・「行かない」・「行けるときに行く」等を、決める究極の権利は、『キミ』にあると思います。


しかし、たとえ学校に行かないという選択をした場合でも、何か別のものを利用しながらでも『学び続ける』必要はあると思います。

【質問】 義務教育だけど行かなくていいの?
たしかに、出席より欠席が多い方が学校での授業成績は下がってしまうことはあるかと思います。しかし、担当の先生と上手くやっていくことで中学校卒業はできる可能性は高いでしょう。

義務教育後の高校進学についても、入試の形式(各自治体によるや各私立高校による)も複数あったり、学校の形態(全日制・定時制・通信制)も様々あったりと、自分に合った高校を選ぶ選択肢は広がっています

さらに言うと…「自分なりに、学習を進めておく」ことで高校を選ぶ時に、自分が選ぶことができる”選択肢”が増えます。

 

☺ Q3 :先生って頼らないといけないですか?

 

 

A:自身の成長のために頼れるのであれば、頼れば良いのではと思います。頼れる人を一人の先生ではなく、頼れる人(信頼できる人)をできるだけ多く作ることをおススメします。

「このことについては〇〇先生に教えてもらおう」
「このことは〇〇さんに相談しよう」
「この話は〇〇さん(この友人)に聞いてもらおう」等々…

”自分が何を知りたいのか”、”何を聞いてほしいのか”、”何を相談したいのか”…など内容や目的によって頼る先を変えることがポイントです。

【質問】 困り事は、どうすればいいのでしょうか?(学習環境編)
自分が「どんな事に困っているのか」を考えて対策をとってみるのはいかがでしょうか?

例えば…
・「匂いがきになって集中できない方」は、『好きな匂いをハンカチに染み込ませておいて、困ったらそれを嗅ぐ』
・「光がとても眩しく感じる方」は、『薄い色のサングラス(メガネ等)をかける』
・「音がとてもうるさく聞こえてしまう方」は、『全く聞こえなくならい程度に耳栓をする(場面によってはイヤホンは誤解があるかもしれません…)』など

状況や場面によって交渉が必要な場合(学校や仕事場等)や配慮を求めたい場合は、事情を説明し「自分がどうしたいのか」や「相手にどうしてほしいのか」(具体的な内容)を伝えることで、相手も「それがOKかどうか、可能かどうか」を判断しやすくなると思います。

 

☺ Q4 :人とかかわるのが苦手なんだけど…どうすればいい?

 

 

A:ムリをしたくない場合、必要以上に関わる必要はないと思います。Q3でお応えしたように、自分の関わなければならない”内容”や”目的”によって『関わり方を変えたり』、『関わる人を選んだり』するのはいかがでしょうか?

 

とはいえ、「人と一緒に何かする場面もある場合」や「人に頼ることで自分が成長できる場合」もあるので、『自分がしっくりくるコミュニケーションの方法やパターン』を持っておくと便利かもしれませんね。

【質問】 困り事は、どうすればいいのでしょうか?(人間関係編)

「学習環境編」と同じように、「自分がどんな事に困っているのか」を考えて、『自分ができる範囲の対策』をとってみるのはいかがですかね?

【「相手の話が長くて困っているんです…」という方の例】
・『先に”〇〇時には帰らないとならない”と伝えておく』
・『電話ではなく、”LINE”にしてもらう(LINEの長文が苦手なら、”メール(他のツール等)”にしてもらう)』等々

さらに言うなら、伝え方も「私が○○にしてくれたら嬉しいなぁ…」と自分を主語にして伝えることで、誤解も少なくなり余計なトラブルも回避できると思います。

相手を変えることは難しいので、『自分ができる対処』を考えたり工夫していく方が状況を変えることができるでしょう。究極、一定の距離をとることも対策として有効な場合もあります。(自分が何もしなくても、時間が経過とともに、自分も相手も見える景色や捉え方も変化したり、状況も変わったりもしてきます。)