不登校経験談(M.Sさん)通信制,定時制高校など進学相談受付中。多様な学び方を応援

第3回「生き方紹介」プロジェクトは…

「働く」を応援するNPOで、活躍中のM.Sさんです!

「自分と未来は、変えられる!」そんな力強い言葉に込められた想いとは…

Q1:現在、どんなお仕事をされているんですか?
若者の働く、働きつづけるを応援するNPO法人のスタッフとして働いています。
私は、若者の中でも主に埼玉県の高校生を対象に、働くにつながる面談やグループワーク、職業人講和を企画、運営しています。

Q2:どんな中高生(学生)時代を過ごしたんでしょうか?また、当時のどのような悩みがありましたか?

一言で言うと、荒れていましたね笑
家から電車で2時間くらいかかる中高一貫校に入学したのですが、毎日挫折の連続でした。
「さぁ、入学してこれから将来について考えよう!」と思っていた矢先、考えることも許されないほど勉強勉強の毎日で。学校内でも日々静かなるマウンティングが繰り広げられていましたね笑

ちょうど、母の病気も発覚して、色んなことに対して「もうムリーーーー!」って感じて不登校になりました。かなりかたくなだったと思います。友達が心配して連絡をくれても返信しなかったり。
私の夢を話すと「野望だね」って言われて、保健室にも行かなくなりました。今思うと応援してくれていたのかもしれないけど、当時は家に帰って「野望」を検索したりして。あ、あの人もどうせ私のことをわかってくれないんだって思いましたね。ひねくれていました笑

記憶が断片的なのですが、一年くらいは学校に行ってなくて。中学を卒業したら、働こうって漠然と考えていました。
そんな時に母が亡くなったんです。当時の先生が、「これ以上、お父さんを悲しませるな」って言ってくれて。ひねくれながらも、地元の高校を受験し、入学しました。

高校時代は、「やりたいことをとにかくやろう」って地域のボランティアサークルとか、夏休みに海外派遣とか、英検とか、部活とか。自分でやってみないとわからないから、とにかくやろうと思って行動しました。
環境が変わり、色んな年代、色んな価値観の人に出会って、めっちゃ刺激を受けました。

Q3:卒業~現在のお仕事までどのような歩みをされてきたのでしょうか?

なんとなーくやりたいなって分野が見つかって、大学に行きました。大学時代に出会った学童保育を運営するNPOでのアルバイトが楽しくて楽しくて。大学の単位取得が疎かになって、卒業はギリギリでした笑
そして、周りの反対を押し切って、新卒でNPOへ就職しました。働きながら、自分がやりたいことはなにかを模索する日々でした。
正直、一つのところで長く働いたことはないです。
長く働くことだけが重要じゃないと思っています。転職しながら、徐々に自分が本当にやりたいこと、解決したい社会問題の解決に近づいている気がします。
今は、まさに自分が中学時代に悩んだ「働くと学ぶ」をつなげる仕事に就いています!

Q4:悩みを抱いている中学生・高校生に、アドバイスをお願いできたら…

「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる。」
私が大切にしている言葉です。
難しくて深い言葉なのですが、私は高校生にもこの言葉を伝えています。

最も信じられるのは自分です。
その自分は経験したことを元に物事を決めていると思います。
悩んだら、ぜひやってみることを選択してください。経験を増やして、自分の価値観を知ることが大事。
やらない、ということを自分で決めることも大切です。私は中学時代の夢にはチャレンジしませんでした。でも自分で決めたので後悔はしていないです。

そして、あるラッパーの方から教えてもらったのですが、「未来を変えれば過去も変わる」と思っています。私もあんなにイヤだった過去が、それを強みにすることで自分の今の仕事に大きく影響しています。

☆ブログコーナーにて多様な学びや生き方を紹介しております!お気軽にどうぞ☆
・夜間定時制高校の体験談はコチラ
・昼開講定時制高校の体験談はコチラ
・通信制高校、先生からの紹介はコチラ
・定時制高校、先生からの紹介はコチラ

【NPO法人春日部育英キャリアサポート】は、多様な学び方を応援してます!
定時制・通信制高校、フリースクールなど、高校進学の相談を随時受付中(無料)です。
お気軽にご利用下さい!
お問い合せから相談
LINEから相談
◇メールからの相談→info@kasukabe-ics.com より